ペースト状

ペースト上のキャットフードのメリット

ペットは家族の一員として大事に飼われている家庭が多いです。
特に犬や猫に関してはペットフードが充実していることから、ここ十数年のうちで3倍以上寿命が延びています。
十年以上、生活を共にできる猫も増えていますが、それと同時に病気や介護など問題も発生しています。

寿命が延びた一番の要因としてあげられるのが、キャットフードの進化です。
ここ十数年の間に無添加やオーガニック、ナチュラルなど品質にこだわったキャットフードが増えてきています。
これによって体の負担になる添加物の排除や、原材料の質が高まり飼い主が安心して与えることができるキャットフードが多いです。

さらにキャットフードも総合栄養食であるドライフードから、一般食として使われるウェットフードやペーストタイプ、おやつなど幅広く販売しています。
そこで数あるキャットフードの中でどのような基準で選んだらいいのか分からない人もいいでしょう。
中でもペースト状の物を選んだ場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず一番のメリットは食べやすさです。
ドライフードやウェットフードhttp://catfood.tokyo.jp/よりも、一番なめらかに作られているのがペースト状のものです。
体調不良で弱ってしまっている愛猫にとって体への負担が一番少ないキャットフードだといえます。
噛み砕く必要がないため消化吸収がよく、必要な栄養素を摂取することができます。

病気以外でも子猫や寝たきりなどの老猫にもお勧めです。
子猫の場合、生後しばらくはミルクを飲み、徐々にキャットフードへと切り替えていきます。
その際に急にドライフードなどに切り替えてしまうと、あごがまだ弱く消化もしにくくなってしまいます。
人間でも離乳食の時期があるように、子猫にもペースト状のものから慣れさせるという使い方もあります。
また老猫も体弱ってしまうと、自分の意志で食事をとりにくくなってしまいます。
そのような時にペースト状であれば無理なく与えることができます。
成長や体調などによってペースト状のキャットフードを上手に活用しましょう。